1日に必要な水量は?

人間は血管と共に老いる…ともいわれますが、 血液をサラサラにしていくことで血管壁への コレステロールや老廃物の付着を防ぎます。
血管の若さを保つことで脳梗塞などの疾病を予防するとともに、 肌年齢、骨年齢を実年齢より若く保ち老化を遅らせることも、 水を飲むことで可能になるのです。

水の補給は、血液サラサラ効果にとどまりません。 体全体の水循環システムを活性化してくれるのです。
生命活動にとって、水は不可欠な物質です。
そもそも地球上に生命が誕生・進化し得たのも、 液体の水が存在し得る温度環境であった事が大きな要因の一つです。

生物体を構成する物質で、最も多くを占めるのが水です。
通常、質量にして生物体の70%-80%が水によって占められています。
生きている細胞には(理想的な溶媒である)水が多く含まれており、 生命現象を司る化学反応の場を提供し、 また水そのものが種々の化学反応の基質となっています。

人間の体内からの水分排泄量は、静かに横たわっている成人男子で、 1日2,300ミリリットルです。
もちろん体を動かした時や暑いと時などはそれ以上の水分が排出されます。 1日に排出される水分の内訳はおよそ次のとおりです。
尿:1,200ミリリットル・糞尿:200ミリリットル・不感蒸泄:900ミリリットル 不感蒸泄とは呼気に含まれる水蒸気として体外にはき出されたり、 皮膚表面から感知できない程度に分泌される汗のことです。
(運動した時や暑い時にかく汗とは別の汗腺から分泌されています。) これだけの量が毎日排泄されているので、 これに等しい分だけの水分の補給が必要となります。

ちなみに1日に最低でも500ミリリットルのおしっこが出ないと、 不要な物質が体内にたまり、生命にとって危険な状態になります。 体の活動を維持するために、人は絶えず水を摂取し、排泄し、 循環させる必要があります。

排泄された水分はただちに補う必要があります。
水分は食物にも含まれていますから、 1日に補給すべき必要最低限の水分量は次のようになります。

飲料水:1,200ミリリットル・食物:800ミリリットル・代謝物:300ミリリットル 代謝物とは体内でタンパク質や炭水化物、 脂肪などが酵素によって分解される時に排出される水分をいいます。
水分が不足すると、まず血液がどろっと粘りのある状態になります。 こうした時に脳梗塞、 心筋梗塞といった血管が詰まる病気が起こりやすくなるといわれています。
水を飲むことは健康を保つ上で非常に大切なのです。

1日に必要な水量は?

今月一押しのウォーターサーバー

コスモウォーター
★ご契約者全員にプレゼント!(1)「あしたば生活応援青汁」(2)天然水ボトル2本(3)お手入れセット(4)30本で1本無料
★ウォーターサーバーレンタル無料

今月一押しのウォーターサーバー

水に関する豆知識

水に関する豆知識