軟水と硬水とは?

軟水硬水という言葉は良く聞きます。 なにが硬くて何が柔らかいのでしょうか?そんな疑問を持ったことありませんか

軟水、硬水とは、その名の通り、水の「硬度」が高いか、低いかにより区別されますが、その硬度とは、水中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を、それに対応する炭酸カルシウム量に換算し、1リットルあたり何mgという単位で表示されます。 カルシウム硬度とマグネシウム硬度をあわせたものを硬度と呼びます。

 

硬度にはアメリカ硬度(ppm)とドイツ硬度(dH)があり、計算方法、表示数値共に異なります。 一般的にはアメリカ硬度が広く用いられています。

1dH=17.8ppm

 

一般的に硬度が100ppm未満を軟水、100ppmから300ppmを中硬水、300ppm以上を硬水と区別されています。

★硬水か軟水かというのはどこで判断しているのかというと、その水に含まれるカルシウムとマグネシウムの合計量で決められています。 ミネラルと呼ばれるそれらの含有量が多ければ多いほど、硬水ということになるんです。

★なぜか聞こえが硬水の方がいい水のように思われるかも知れませんが、そんなに差はないようです。 一般的に使われている水道水は、日本において80%以下は、80ppm以下の軟水が使用されていますが、これは地域によっては多少異なります

要は、水にミネラルなどの不純物がたくさん入っているのほど、硬い水と呼ぶことにしているのです。

「硬水軟水の目安」

きわめて軟水 0〜40ppm=(南アルプスの天然水(30)など) 軟水 40〜80ppm=(ボルヴィック(50)など) やや軟水 80〜120ppm=(六甲のおいしい水(84)など) やや硬水 120〜180ppm 、硬水 180〜300ppm=(エビアン(297.5)など) きわめて硬水 300ppm以上

硬水はカルシウムやマグネシウムが溶け込んでいるため、ある程度の含有量までは美味しく感じますが、一定の量を超えて含まれると、舌触りがぬるっとしたような感じになり、どちらかと言うとあまり美味しくなく感じるようになります。 このレベルの硬水を日常的に使用することは、肌荒れを引き起こしたり、皮膚の病気になったり、下痢の症状を訴えたりと異常をきたしてくるようです。

現在水道法の下では資質基準として総硬度というものが使われています。 総硬度とは、水1L中のカルシウムとマグネシウムの量を全て炭酸カルシウムに換算した合計値で示したものです。

だいたい180ppmを超えてくると硬水に入ります。でも(一般的には200ppm以上が硬水とされています)。 また逆に100ppm以下の水は軟水とされています。(なるほど!!そうなんですか・・・) *以外にこのことは知らない方は多いと思います。とても参考になりますね。

★外国製のミネラルウォーターを飲んだ方なら分かると思うのですが、ヨーロッパやアジアの水は一般的にはかなりの硬度を持っています。 旅行の際、その地域の水道水を飲むとお腹をこわすといいますがこのためなんでしょうね。

軟水と硬水とは?

今月一押しのウォーターサーバー

コスモウォーター
★ご契約者全員にプレゼント!(1)「あしたば生活応援青汁」(2)天然水ボトル2本(3)お手入れセット(4)30本で1本無料
★ウォーターサーバーレンタル無料

今月一押しのウォーターサーバー

水に関する豆知識

水に関する豆知識