水道水の危険性

蛇口をひねれば出てくる水道水、しかし実際は生活排水や工場排水などが流れ込んだ汚染の激しい水に、大量に塩素を投入することで消毒処理を行い、一応「飲める水」としてあるだけなのです。
その段階で水質基準をかろうじでパスしても貯水槽・水道管の状況により、蛇口から出てくる「水」が安全基準を満たしている保証はないのです。

ここで問題になるのが、消毒のためにしようされる塩素の副作用です。 塩素が微生物を分解した際に発生するトリハロメタンは、発がん性物質です。
今後は今まで以上に塩素による消毒が行われますので、発がん性物質であるトリハロメタンや残留塩素は益々増えるでしょう。
又、昔からの鉛製配水管がまだまだ多く、水に溶けやすい鉛が身体に蓄積され身体に悪影響を及ぼすと言われています。

ではなぜ「塩素」がそれほどまでに危険なのかというと、塩素は水道水の細菌のタンパク質と強く結合し、変性させたり死滅させる力が強いからなのです。
この力は人体の細胞に対しても同じ働きをしてしまいます。
同時に塩素は細胞から水分を奪いますので、飲用もさることながら経皮吸収における毒性が強く、 肌アレ、乾燥肌、小ジワやアトピー性皮膚炎を悪化させる原因になると言われています。
さらに、水道水中の塩素と有機物が化学反応するとトリハロメタンという発ガン性や催奇形性をもつ強い毒性を持つ化学物質に変化してしまうんです。とてつもなく恐ろしいことですよね。

トリハロメタンを防ぐには、今のところ個人対策をする以外の方法はありません。 トリハロメタンを防ぐ方法は4つ。
「オゾン消毒」「煮沸消毒」「浄水器の使用」「水道水を飲まない」。 まず、オゾン消毒は個人宅で行うのは困難です。 次に煮沸消毒は、沸騰した状態を15〜20分続けることで、トリハロメタンはなくなりますが、手間が掛かります。
したがって、トリハロメタンを手軽に除去し、安全な水を摂取するには、 トリハロメタン除去可能な浄水器を取り付けるか、水道水を口にせず、安全なミネラルウォーターを利用するかのどちらかしかありません。

最近では、水道事情も考え直されて蛇口から出てくる水がおいしい水としてえっとボトルに入れて売られているところなどありますが、それはまだごく一部のことで、ほとんどの場所では未だ危険な状況を地価の見えない部分に抱えているのが現状です。

水道水の危険性

今月一押しのウォーターサーバー

コスモウォーター
★ご契約者全員にプレゼント!(1)「あしたば生活応援青汁」(2)天然水ボトル2本(3)お手入れセット(4)30本で1本無料
★ウォーターサーバーレンタル無料

今月一押しのウォーターサーバー

水に関する豆知識

水に関する豆知識